どんな風に決めたらいいの?生まれてくる子の名前

漢字から考える命名の方法

日本人であれば苗字が漢字の場合が一般的です。そうすると名前の方にも漢字を選ぶ人が多いです。この時、伝統的には苗字とのバランスという意味で、字画をみる方法があります。字画は、主に画数で苗字と名前のバランスを見るだけでなく、苗字の一番上の漢字と名前の一番下の漢字をあわせてみるなど、全体のバランスが取れているかという事をみます。命名と字画に関する本も出版されています。しかし苗字は決まっているうえに、それとの組み合わせが必要となるなど、なかなか全ての点において理想的な名前というのは難しいものです。ここであまりこだわり過ぎず、しかし全体としてのバランスが取れているかという点や、実際に書いてみて違和感がないかという点は参考にしたいものです。たとえば、好みの漢字を一つ考えてそれとの組み合わせで他の漢字を考えます。たとえば、男の子で健という字を使いたい場合、健太郎、健一、健、等の様々な組み合わせから選ぶ事が出来ます。ただ名前にふさわしくない漢字もあります。難しすぎて常用漢字の範囲を逸脱しているものや、不吉な事を連想する漢字などは避けましょう。

音の響きから入る命名方法

近年人気の方法です。発音した時に、美しい響きだと感じる音をまずイメージします。たとえば、女の子の名前でリンという響きが閃いたとします。そうすると、このリンという発音にふさわしい字を後から考える方法です。同じ音でも、漢字にしたときには鈴、凛、琳、などあって、それぞれにイメージが変わります。苗字との組みあわせや、好きな漢字を選ぶという方法になります。女の子には、敢えて平仮名にするという選択肢も好評です。

苗字との意味のバランスや、大人になった時も想像して

苗字との意味のバランスも注意しておきたい点です。漫画のサザエさん一家は、磯野という苗字なので、皆さん名前が海に関係しています。磯野林檎でもいけない事はないのですが、やはりサザエの方がしっくりきます。ただし、これがぴったり合い過ぎるのもかえっておかしな時があります。漫画の登場人物みたいにコミカルになる場合もあるので、適当な加減が必要です。次に、命名する時の気持ちは可愛い赤ちゃんであるとしても、将来大人になっても使い続ける名前である点にも注意しましょう。幼児期には可愛い名前でも、大人になった時に不自然というのも支障が出ます。最後に、命名は楽しい事であり、親としての最初の大きな仕事でもあります。じっくりその過程の中で、親としての自覚もわいてくることでしょう。生まれる前からこれと決めておくのも良いですが、3つ位の候補をつくっておいて、生まれてきた顔をみて最終的に決めるというのもおすすめです。その子にふさわしい名前はこれだと、ときめく名前があるはずです。

命名とは生まれてくる子供の名前を付けることを指します。一般的には子の未来や人物像を考え、希望を込めて名付けることが多いです。両親以外には祖父祖母や知人が付けることもあります。