海外旅行でオプショナルツアーをリーズナブルに満喫する方法

現地発の英語ツアーに参加してみる

日本語ツアーとなると、日本語ガイドが必要になる事と対象が日本人しかいないので、ツアー本数も限られるという事となります。このため、英語ツアーに比べると、主催者としてもコストがかかり、ツアー代金もどうしても世界中からの観光客が使う英語ツアーに比べて高くなります。そういうわけで多少の英語力があって、事前の知識はある程度本などで事前勉強しているので、とにかく連れて行って欲しいとか、スポーツアクティビティー中心であまり詳しい解説が必要でない様なツアーであれば英語ツアーに参加するという選択肢があります。しかも、ツアー内容も日本語に限定するより、多彩なものから選べるというメリットがあります。この様なツアーは、ローマなどの人気の観光都市では特に選択肢も広くなり効果的です。

ハワイなら日本語対応の現地ツアー会社が安い

英語はさっぱり自信がないという人には、ハワイなど日本人向けのリゾート地であれば現地にも日本語対応の現地ツアー会社が割と沢山あります。現地に行ってからでも道端のフリーペーパーに日本語表記で宣伝している事が多いですし、いまはインターネットもあるので、事前予約が出来る日本語対応の現地ツアー会社もあります。日本の旅行会社にツアーと一緒に申し込むと何かと安心感がありますが、自分でオプショナルツアー会社に連絡する手間を惜しまなければ、価格的には現地会社の方がやや安い傾向にあります。

語学勉強中なら、現地語の現地人向けツアーが格安

たとえば、フランス語勉強中でフランスを旅するという様な場合は、フランス人旅行者向けのオプショナルツアーが最も安いです。そのかわり、一般的にフランス語一辺倒なので、何を言ってるのか日常会話程度はわかる必要があるという事と、もしも何か問題があって苦情を言いたい時にも基本フランス語、英語でも通じるかもという程度です。たとえばバスの運転手と巡る古城ツアーの場合、集合は駅前バスターミナルで、基本バスの運転手と、ひとり簡単な解説員が添乗し、お城についたら自由見学、後は集合時間に待ち合わせ場所に戻れば、またバスで駅まで返してくれるという様な簡単オプショナルツアーです。現地人とも仲良くなれるチャンスもあって、アクティブな若い人にはおすすめです。

オプショナルツアーを選ぶポイントは内容を確かめ、目的地での観光などをしやすいように決めると満足できます。