きちんと点検!きちんと車検!安全で快適なカーライフを!

そもそも車検は何故やるの?

車を持っている方でしたら、必ず耳にするものに車検があります。一般的には2年に1回の割合で行う義務があります。(新車時初回は3年に1回です。)車検で気になることといえば、車検にかかるお金ではないでしょうか?車種により、車検代は異なりますが、気になる出費ですよね?しかし、この車検は車を運転する上でとても大切な事なのです。一体何が大切なのでしょうか?それは、車の異常の有無を定期的にチェックする事なのです。車のもたらす恩恵は大変大きなものです。人や荷物を運んでくれる事や、目的地まで早く辿り着ける事など様々です。しかし、同時に事故がもたらす被害も大きなものがあります。この事故の原因は大きく分けて、人的問題、道路環境問題、車両問題などに分ける事ができます。車検はこの車両問題による事故を防ぐ目的で行われています。例えば、走行中のエンジントラブルなど、整備不良や故障を定期的に検査し、問題があれば発見・修理対応などを行うことで、交通安全に大きく関わっているものなのです。

車検をしたからといって油断は禁物!

車検は2年に1回行うものですが、車検時に異常が見つからなかったからといって、次の車検まで故障しなくて良いわけではありません。車検は法律による「保安基準」に適しているかどうか確認するものであり、故障しないことを保証するものではありません。多くの方が、車検を受けたから、これで故障しないだろうと思っているようですが、この解釈は正しいものではありません。車の部品などは消耗品です。年数や、使用するたびに劣化していきます。車検時に何もなかったからといって、次の車検まで、何もしないで良いというわけにはいきません。定期的に整備・点検をしておく必要があります。カーディーラーやガソリンスタンドなどに依頼すれば点検を行ってもらえます。車には命が乗っています。また自分だけでなく、自分の大切な人が乗ることもあるでしょう。もし、そのような時に故障したり、事故に巻き込まれたらと考えてみてください。車の点検はドライバーの責任ですし、大切な人を守る為のものです。車の調子を整えて、快適なカーライフを楽しみましょう。

車検に備えて準備しなきゃ!

車検を受けるに当たって必要なものがあります。それは納税証明書です。毎年5月頃に訪れる自動車税のことですね。(きちんと納付しておきましょう!)自動車税を支払ったら、納税証明書が一緒になっているので、紛失しないように大切に保管しておきましょう。この納税証明書がないと、車検を受けることができません。同様に自動車税を払っていない場合も受けることができません。では、万が一この納税書を紛失した際はどうすればいいのでしょうか?その場合は再発行の手続きが必要になります。用意するものは、車検証と印鑑です。手続き場所は各県の陸運局の近辺にある、自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所で再発行を行ってくれます。紛失した際は、一度車検をしてくれる車屋さんに相談するのも1つの手段かもしれませんが、いずれにしても納税証明書がを紛失しないように保管しておきましょう。また車検代についても、計画的に貯めておくことをお勧めします。車検時に修理箇所が見つかると、車検代の他にも、修理代がかかるので出費が多くなることがありますから。でも車を良いコンディションにする事は大切なので、しっかりメンテナンスをしてもらいましょう!

広島の車検なら安心です。なぜなら、各業者のホームページには検査内容や納期、料金が明記されているためです。