冬の温泉、露天湯でしっとり雪見酒はいかが?

冬だからこそ行きたい雪国

冬はどこへ行きますか?暖かい南の国?それともスキー、スノボ?それらもいいけど、おすすめは何と言っても雪国で温泉!冬の最中にスキーでもないのにわざわざ雪国なんて、と思ったそこのあなた。実は冬の雪国って、とっても素敵なんですよ。冬だからこそ、と言ったほうがいいかもしれません。街中で見るのと違ってそれはもう雪は奇麗だし、何より温泉の温もりが身に染みる!雪の中での露天湯なんて、ホント、ロマンチック!頭が適度に冷やされるからこそ、ゆっくりつかっていられるんですね。時間まで目一杯遊んじゃうスキー場もいいけれど、たまには冬の温泉で、静かに降り積む雪の音に耳を傾ける、なんて、とても贅沢な時間だとおもいませんか?

露天湯、おこた、雪見酒

冬の温泉の楽しみといえば、まずは「おこた」。こたつ、なんていうより「おこた」という呼び名のほうがぴったりくるのはどうしてでしょう?雪雲を通して斜めに差し込んでくる柔らかい日差しの中、年期の入った木造の階段を軋ませながら上がっていった部屋の真ん中に、暖かそうなおこたを見つけたときの嬉しさといったら!これぞ日本の冬の情緒!窓から眺められる雪景色と相まって、懐かしいような、どこか寂し気な旅情でいっぱいです。少しおこたでゆっくりしたら、温泉へと向かいましょう。場所によっては、静かな雪景色の中、お湯につかりながら、雪見酒と洒落込むことができるかもしれません。

夏賑わうあの場所も、冬には冬の味わいが

夏場が人気の温泉地でも、冬には冬の味わいがまたあるものです。日中との寒暖の差が大きいところでは、早朝、氷が張って思わぬ自然現象が見られたり、夏には味わえない珍味と出会えたり。そうした発見を、自分で探してみるのもまた楽しいですよね。冬場はあまり人がいかないからこそ、大浴場を独り占めできたりして、結構お得感があるのもいいところ。誰も知らない自分だけの穴場にすれば、毎年楽しむことだってできちゃうかもしれません。きーんと凍てついた空気と真っ白な雪と、芯まであったまる温泉。ぜひ冬の温泉に、出かけてみてはいかがでしょうか?

スキーツアーは、幅広い世代の人に人気となっています。会社の慰安旅行でツアーに申し込みをするといったケースも、少なくありません。